新作「過去負う者」 The Burden of the Past

新作が出来ました。
関係者、キャスト・スタッフとともに完成試写。

映画「過去負う者」

「ある職場」のほぼ同じキャスト・スタッフで、前作同様、現実の社会問題への取材に基づいて、ドキュメンタリー・フィクションとして撮影するアプローチです。

過去に犯罪を犯した人間を社会がどう受け入れるのか、を問う映画です。

根っこには、自己責任社会、前科者への差別、死刑制度賛成が圧倒的多数の社会風土などがつながっており、その「根っこ」について深く掘り下げています。

公開はしばらく先ですが、ご期待ください!

キャストの皆さん、スタッフ、関係者の皆さん、
大変お疲れ様でした!!

Atsushi Funahashi 東京、谷中に住む映画作家。「道頓堀よ、泣かせてくれ! Documentary of NMB48(公開中)」「桜並木の満開の下に」「フタバから遠く離れて」「谷中暮色」「ビッグ・リバー 」(2006、主演オダギリジョー)「echoes」(2001)を監督。2007年9月に10年住んだニューヨークから、日本へ帰国。本人も解らずのまま、谷根千と呼ばれる下町に惚れ込み、住むようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top